2013年03月14日

ニンテンドー3DSとソニーの戦うか?

 ニューヨークの米連邦地裁陪審団は3月13日、任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」が3Dディスプレイ技術特許を侵害しているとの判断を示した。
陪審団は、同技術の発明者である富田誠次郎氏による3020万ドルの損害賠償請求を認めた。
問題となった特許は、3D専用眼鏡不要で立体視が可能にする技術に関連するもので、富田氏が開発した。

 先月行われた口頭弁論で、富田氏の代理人であるジョー・ディアマンテ弁護士は、任天堂は3DSに富田氏が開発した技術を利用していると、マンハッタンの連邦地裁で述べた。富田氏は長くソニーに勤務していた。

 これに対し任天堂側のスコット・リンドバル弁護士は、3DSは富田氏の特許の核心部分を使用してはいないと主張した。

 富田氏と任天堂が2003年に会合したことについて、リンドバル弁護士は、任天堂は3Dディスプレイ技術を売り込む企業の1社と会ったに過ぎないとした。

 富田氏は58歳。2011年に任天堂と米子会社を特許侵害で提訴した。13日、富田氏は法廷には出席しなかった。

 評決後、ディアマンテ弁護士は「陪審員の判断と働きに感謝する」と電子メールで述べた。「富田氏の発明を守ったことを誇りに思う」

 評決についてリンドバル弁護士はコメントを断った。任天堂からコメントはすぐには得られなかった。
posted by アイス屋 at 12:14| 秋田 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/346844100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。